義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2023年1月30日月曜日

令和5年1月27〜28日曜日 つながるプラザフェス 中目黒青少年プラザ

毎年、一年の最初のイベントとなる中目黒青少年プラザの館まつり
今年の題名は「つながるプラザフェス」久しぶりの開催です。
中目黒青少年プラザにて利用団体による実行委員会方式のフェスティバル、
活動の拠点を中目黒青少年プラザにおく義仙会は
このフェスティバルをとても楽しみにしています。
コロナ禍明け切らぬ状況のなか、創意と工夫をもってのコンパクトな開催でした。
 
戦陣の茶…
幕が開き、織田信長仕立てのI士と長老F士、一つの茶釜で茶を立て…
武将へ献茶…
そして剣技で場を浄めます。
場面は一転…再び幕が開き、太刀態…打ち合いの気迫が会場を包み…
音楽が流れ 目にも艶やかな姫二人による剣舞…
太鼓と鉦…戦場の鳴り物が響き…
武者による田宮流居合術の演武…
演者全員整列しお客様への挨拶を持って義仙会演武を終了しました。

久しぶりに見た職員皆様のフェスオリジナル法被、とても良い感じでした!
中目黒青少年プラザ所管の目黒区といつも笑顔で対応して下さる職員の皆さまへ改めて感謝申し上げます。
有難うございました!

記 / 長塚

2023年1月25日水曜日

令和5年1月24日 森重流砲術 中目黒青少年プラザ

射形のための正確な体の構えについて指導が行われました。
基本は重心を体中心に置くこと。
これが簡単そうで難しい。
誰でも自分はやっている…と。
指導者に見てもらうことの大切さがそこにあります。
そして素直に修正して技の格が上がっていきます。
ほんの少しの修正で…実理が整合し見違えるほどに立派になります。
さすが、様々な武術を納めている砲士たち、本当に飲み込みが早い!
(10年前に砲術刀術を共に修練した林頌平さんが名古屋から駆けつけてくれました。
久しぶりに会えて嬉しかったです。)


長塚 設楽 石原 佐藤 林 藤沢 バクチ 頌平
記 / 長塚

令和5年1月22日 段位允可式 安全祈願祭

[段位允可式]
昨年11月に全日本田宮流居合道連盟主催の田宮流居合術昇段審査会がおこなわれました。
積み重ねた努力の後に取得した各剣士の段位は賞賛すべき結実です。
おめでとうございました。
打ち込める事があるというのは格の高い人生を歩んでいる証です。
引き続き精進して参りましょう!

[安全祈願祭 直会]
目黒大鳥神社にて昨年迄の御加護への御礼と令和五年の義仙会と義仙会士、関係者の安全を祈願しました。
昨年は大鳥神社の能楽堂にて田宮流居合術 森重流砲術 甲冑着付けの奉納を初めておこないました。
地元での演武奉納の機会を賜り感謝申し上げます。
そして恒例の写真撮影…
毎年、歳は重ねられ…写真に見合う中身ある人物になるべく努力せねば…と思う次第です。
今年は高段位者が2名増え組織の重厚さが増しました。
有り難いことです。
修練は基本を忘れることなく基本に立ち返り一歩一歩前に進み、義仙会の活動主旨に基づいて、共に人生を楽しく豊かに過ごして参りましょう!


記 / 長塚