義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2012年2月29日水曜日

2月28日(火) 居合稽古

所 菅野 石原 馬場 藤沢 ガブリエル 松島 桑原 高瀬

参加会士は稽古前に復習に余念なく既に道場は熱気に包まれていました。
入門者2名は馬場講師に指導を受け、着装・礼法・素振りなど基本稽古に集中していました。
さて、全体稽古の開始。
先ずは先週の復習「運足」です。左右幅・前後幅などに留意しつつ前方後方への移動をおこないました。
その後は腕の動きを付けて動きの確認、上体の突っ込み前傾などの点検を1時間ほどおこないました。
もうこれだけで汗が噴出します。
その後は全員で1~5本の稽古、組別になって「木綿組」は1~5本、「麻組」と「絹組」は6~11本の稽古をおこないました。
今日もあっという間に終了時間となりました。
運足は通勤途中や日常生活の中で充分に復習できます。 「どれだけ日常の時間の中で復習できたか」、復習への創意工夫が求められます。
「(モノを人に)教えることは出来ない」「気付く事を伝達するだけ」・・・これは長塚の座右の銘の一つ。
「どうしたら気付いてもらえるか どうやって気付かせるか」 今日からまた感覚を咀嚼し伝達に有効な言葉を一つでも多く見付けられるよう努めます。
・・・久し振りに美味い酒を飲みました、体調復活! ドンチャン騒ぎも大好物です。
<記:長塚>