義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2014年4月2日水曜日

4月1日 居合稽古

所 二村 馬場 藤沢 松島 ガブリエル ロジャー 田中 誉田 アレックス
北田 山野 フィリップ アンジェラ後藤
(体験:清岡さん)(お客人:マイクさん)

アンジェラ後藤は本日が入会初の稽古です、頑張って稽古してました。

センスが良いです!
お客人として稽古に参加したマイクさんはロジャーの友人で

ピッツバーグから来日されました。古流少林空手の先生です。
前半は木刀による組打ち、後半は基本技1~5本と6~11本を連続で繰り返しました。
動いて動いて動き回って
・・・その動きを身に付けた後、
粗を取り除いて正確さを追求していきます。
心・目・足先・手先・頭先・体幹筋・背骨
・・・
ありとあらゆる箇所に気を配って動かしているか・・・
力はしっかりと入り、抜くところではしっかりと緩められているか・・・
一歩一歩進んでいきましょう!
















<稽古終了後>
満開の桜が咲き乱れる道場の隣を流れる目黒川。
あふれんばかりの人、人、人
・・・それでも観る価値充分の「目黒川千本桜」です。
コンビニで飲み物・食べ物を仕込んで、川沿いで「乾杯!」
酒を片手に川沿いを流します。

満開の桜、毎年我々を楽しませてくれます、感謝!
驚くほど大勢の人の隙間を縫って、まぐれとしか言いようのないタイミングで「はい!チーズ!」
「完璧な集合写真」が撮れました、神がかり!?です。
そぞろに歩いて上流の橋にたどり着き、桜咲く橋の上に陣取りました。

皆の話にも花が咲きます。
すると・・・「ニ◯ラ」スカウトマンが、早くも見知らぬ女子達に日本文化を紹介しています。
我々の目的である「日本文化の伝承」を真面目に遂行している姿勢に心が打たれます。(笑)
感涙もの、本当に真面目?だなぁ~。
~~~今年も目黒川の桜に大感謝です。
記/長塚