義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2012年3月28日水曜日

3月27日(火)居合稽古

長塚先生がご不在で今野が指導させて頂きました。
今回は基本の基本を繰り返し稽古して身に付けて頂く事をテーマにしました。
まず、いつもあまり稽古出来ない、刀礼を繰り返し稽古し。
もう一つのテーマを鐘木足の注意と居合い腰とし、この日は徹底的にこの事だけを注意し
皆に意識を常に足に持ってもらう稽古です。
刀礼から一本目稲妻を五回つづけ慣らしてから二人づつ前に出て演武してもらいました。
勿論、鐘木足と居合い腰を重点に演武です。
皆様、かなり意識して演武したせいか随分良く成りました。
ただ、意識しててもまだまだ鐘木足の人もおります。
非鐘木足と居合腰はセットで居合腰が出来ないと鐘木足も直りません。
何年掛けても直しましょう。
1本目から5本目を5回ずつ通して稽古し汗を流し、
6本目から11本目を2回ずつ通して締めました。
キツかったと思います、お疲れ様でした。

参加者:菅野、ガブリエル、藤沢、松島、桑原、高瀬、今野。

記:今野
(最後の写真は、今週末の激剣様のフェイスマスクを被ったちょろ剣士?)