義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2015年5月27日水曜日

日本古武道文化学会 一宮貫前神社演武奉納(5月24日)


平成27年5月24日 群馬県富岡市…といえば「世界遺産 富岡製糸工場」で有名になりました。
前日、富岡市入りし早速、製糸工場を見学。
全員「和装」特に女性人はきらびやかな着物、衆目を集めました。
きっちりとした着装は最高の礼儀であります。







理事長の武備舎岩井先生に挨拶、そして貫前神社を参拝し本日のお宿、「舌切り雀の宿 磯部ガーデン」へ。
大きなたたずまい、立派な和室、4つの露天風呂や大きな内湯、美味しい食事、素敵な旅館でした。


あっと言う間に一夜が明け、演武奉納の朝が訪れました。
由緒ある立派な神社です、平成の大改修を終え見事な美しさ、その神殿に上ります。
修祓式を納め、岩井市長(代)・県議はじめ社団理事役員・武備舎の皆様・各流の諸先生による開会式。
そして表彰式では「第一号古武道永世名人 島津兼司」「第二号古武道達人位範士八段 長塚正晃」ほか5名の諸先生が受賞の誉れを授かりました。
感謝申し上げます。





義仙会は12番目のご奉納、古武術 田宮流居合術を6名にて厳かに奉納させて頂きました。
義仙会士はいつも通りの立派な演武を奉納させて頂きました。











来年は古式火縄鉄砲 森重流砲術の奉納も視野に入れつつ…
遠く広島からも来訪され20団体による素晴らしい古武道の奉納祭となりました。
「(社)日本古武道文化学会」と「一宮貫前神社」、「古武道各流」の益々のご発展を祈念し会場を後にしました。
来年も共に出かけましょう!

長塚 所 石原 馬場 藤沢 後藤
記/長塚