義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2011年9月18日日曜日

9月13日(火)

参加者:長塚 所 菅野 藤井 馬場 藤沢 ガブリエル 富岡

本日は、普段使わない内転筋を意識して使う稽古をおこないました。

無意識で使う筋肉は凡そ表側の筋肉で、裏側の筋肉は意識しないとなかなか使えません。
内転筋を上手に使うと動きが見違えるほどスムースになり、膝などへの負担も軽くなるため関節を痛めることが少なくなります。

それと「手の内」。 掌を握って力を入れたり、開放したり・・・掌の内を柔らかくやさしく使うことで、手を絶妙に使うことが出来るようになります。

「手の内」の使い方を習得するには長い時間が掛かりますが、意識して使いこなしましょう。

<長塚>