義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2015年11月6日金曜日

11月5日 居合稽古

はや11月に入り来月は晦日月。体外祭事は11/3の明治神宮をもって本年の打ち止めとなりました。
皆様ご苦労様と言いたいところですが、「田宮流審査会」が11/21に迫り、安閑としてはいられません。
稽古参加者の顔付きも審査会に臨む心意気が感じられます。
各士自分の意により調整しました。それぞれのウィークポイントを指摘、技の質を高める稽古により技が業になっていきます。
非常に微細な動きを山ほどの稽古量で身に付けながら、稽古をした痕跡すら感じさせないサラッとした動きで技の一つひとつを納めていく。
理合一致、一つひとつ理にかなった動き、指先一本まで全て意識された身体の操作…
目指すに十分な深奥、やり甲斐があります。
一緒に頑張りましょう!

今野、石原、二村、藤沢、桑原、ロジャー、北田、後藤、
山野、佐藤、中谷、直太朗
記/長塚