義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2013年4月30日火曜日

4月30日(火) 居合稽古

所 石原 二村 馬場 藤沢 ガブリエル 松島 桑原 高瀬 田中 誉田 アレックス
連休にもかかわらず大勢の参加者です。
今日は、「胸の刀」の詳細研究です。
腰の線を敵に向け座して腰詰をおこなうこと。水平斬りで右膝が内へ倒れぬこと。上半身が前傾しないこと。
手の内を利かすこと。 そして鶴雲頂は全ての技に。
研究の後は、1〜5本の組太刀です。
敵の動きを覚えることは、一人演武の敵の想像に完璧に役に立ちます。
とても大事な稽古ですが、実は皆の技術レベルが上がっていないと、この稽古はできません。
実際に敵が見えると、その気になって身体が前傾したり、ひざ下スネの緩みが出たり、腰詰が全くおろそかになったり。
敵が見えていて「形通り」におこなうのは熟練が必要です。
キチンとした「間(距離と時間)」が取れて、はじめて形のようにおこなえます。
・・・泣き泣き頑張りましょう、数をおこなうしかありません。


<長塚>