義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2012年5月31日木曜日

5月29日(火)居合稽古



長塚 今野 所 石原 藤沢 ガブリエル 上松 松島 桑原 高瀬

本日は、居合い稽古ならびに6/3(日)府中市「大国魂神社奉納演武」の下ざらいをおこないました。
行列・演武助役参加の所・藤沢・松島・高瀬の4名は「直垂の着付け」「ホラ貝」の特訓です。
着付けを間違うと打ち首になるほど重要なモノでした。また、ホラ貝は戦での陣形の合図であり吹き方・聞き方とも生死をかけて学びました。
総角結びは難しいですね、しっかり覚えましょう。 ホラ貝も数をこなせば大丈夫!心地よくフラフラになりましょう。




・・・居合いです。 姿勢が大切、そして身体の部位を技ごとに適切に使うことが大切です。
コツ(秘伝)さえ分れば飲み込みの早い義仙会士。あっという間に上達するでしょう。 
共に頑張りましょう!

長塚