義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2016年2月16日火曜日

2月9日 居合稽古

ジュニアの直太朗、小学二年生のゆうき君が入会し2名となりチームとなりました。
ジュニアチームの誕生です。
手掛かり→抜刀→水平切り→上段の構え→真向斬り下ろし→血振り→納刀 の繰り返し稽古。
前進しての真向斬り下ろしの繰り返し稽古。
上段下段残心の繰り返し稽古。
20時迄、ジュニアを中心に稽古しましたが大人も汗が吹き出しました。
20時からは二村指導部長の指導により、居合における身体操法のコツについて説明があり、皆で実践しました。
上段位を取得した二村指導員の新鮮な感覚は、門下生にとってより身近なアドバイスになったに違いありません。
二村指導部長、これからもよろしくお願い致します。


二村、藤沢、ロジャー、アレックス、後藤、佐藤、直太郎、ゆうき
記/長塚