義仙会(GISENKAI / TAMIYARYU)

「義仙会」は文武両道の武士道精神を現代において育成し、国際社会に通用する日本人となることを目指す会です。 武(田宮流居合)文(裏千家茶道)・火縄銃砲術・甲冑武術・着物着付け・法螺貝吹奏・国際交流など和の心得や活動に興味のある方、入会希望者、見学者、老若男女問いません。 こちらまでご連絡ください。 <義仙会 石原> 連絡先 e-mail:katana_hinawa@i.softbank.jp

2016年1月28日木曜日

1月26日 居合稽古

前半はジュニアチーム(直太朗、ゆうた)主体の特訓。
先ずは立ち姿勢の取り方、真向斬りでの刀の振り下ろし方、血振りの仕方、納刀の仕方
袈裟斬り、水平斬り  そして前進しながらの抜き付け、斬り、血振り、納刀。
ジュニアは細かいことは二の次で大きな動きで刀の操作を学びましょう。
面白いと思えることが最大優先、楽しく稽古しましょう!
後半は大人主体の稽古。
刀を持たず納刀のシャドウ「立ち姿勢」→「座姿勢」→「立ち姿勢」繰り返し。
姿勢を保つための筋力は必要です。数をこなすと使うべき筋肉の部位が自ずと分かってきます。
回数を繰り替えすキツイ稽古も大切です。
週末の土日は目黒区ウインターフェスティバル…日頃の成果を発揮して楽しく舞台を務めましょう。
プラザへの協力を第一に!

石原、二村、馬場、藤沢、アレックス、後藤、宮久、直太朗、佐藤、ゆうた
記/長塚